中央大学附属高等学校 同窓会

  • facebook-ボタン
  • twitter-ボタン
MENU ▼

同窓会会則

第1章 名称

第 1 条 本会は中央大学附属中学校中学校・高等学校同窓会(桂蔭会)と称し、事務局を中央大学附属高等学校内に置く。

第2章 目的

第 2 条 本会は会員相互の親睦を図り、母校の発展に寄与することを目的とする。

第3章 会員

第 3 条 本会の会員は中央大学附属中学校・高等学校(目白中学校・杉並中学校・杉並中学高等学校・ 旧中央大学杉並高等学校卒業生)を卒業した者とし、現教職員・旧教職員およびを特別会員とする。

第4章 役員

第 4 条 本会は下記の役員を置く。

  • 名誉会長(学校長)
  • 会  長(1名)
  • 副 会 長(3名)
  • 会  計(2名)
  • 会計監査(2名)
  • 幹  事(20名以内)
  • 学内幹事(本校卒業生で現教職員であるもの2名)

第 5 条 会長・副会長・会計・会計監査は幹事の互選によって選出する。
第 6 条 幹事については総会で選出する。
第 7 条 学内幹事については本校卒業生で現教職員の中から互選によって選出する。
第 8 条 役員の任期は4年とする。ただし再任を妨げない。

第5章 委員会

第 9 条 本会は同窓会活動を円滑に進めるため、会長の下に企画委員会を設置する。
第10条 企画委員は会員の中から選出する。
第11条 企画委員会の組織および人事は、幹事会の意見を聞き会長が決定する。

第6章 顧問・特別顧問

第12条 本会は顧問を置き、必要に応じて特別顧問を置くことができる。
第13条 退任役員は顧問となる。顧問は会長の依頼に基づき本会の活動を支援する。
第14条 特別顧問は顧問の中から会長が選任し、特命事項を担うものとする。

第7章 会合

第15条 本会の会合は総会・幹事会とし、必要に応じて臨時総会を開催する。
第16条 総会は4年ごとに開催し、会の事業・予算・決算その他の必要事項を報告審議する。 幹事会は必要に応じて会長がこれを招集し本会の必要事項を審議する。
第17条 会則の変更は総会の決議を経るものとする。

第8章 会計

第18条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり3月31日に終わる。
第19条 本会の経費は中央大学附属中学校高等学校生が卒業時に納入する5,000円の会費と寄付金を 以てこれに充てる。

第9章 附則

第20条 本会則は平成23年(2011年)10月22日より施行する。